こすらず落ちるクレンジングおすすめランキング

クレンジングでこすらなくてもスルスルと激落ちするおススメランキングを紹介

フルリ クリアゲルlクレンズ

フルリ クリアクレンズは芸能人も愛用の毛穴レスクレンジング

投稿日:2017年9月6日 更新日:

 

 

芸能人愛用のクレンジング

 

フルリ クリアクレンズは今、注目の芸能人が愛用中のクレンジングです。

初回限定17%OFFで送料無料
↓ ↓ ↓

フルリ クリアゲルクレンズ

 

無期限全額返金保障付きの定期購入ではない本当に1回だけでいいお試しトライアルです。

皮膚科医とエステシャンが共同で開発したのでただのメイク落としではありません。メイクや汚れを落としながら毛穴のケアもしてくれます。毛穴の目立ちや黒ずみを集中ケア。

専門の医師が肌に悪いと思った12項目を無添加

・オイル
・パラベン
・同性香料
・鉱物油
・アルコール
・フェノキシエタノール
・旧表示指定成分
・紫外線吸収剤
・防腐剤
・着色料
・酸化防止剤
・石油系界面活性剤

自信があるから無期限の返金保証付き

医学界認定・臨床試験実施済み

@コスメで第1位

楽天で第1位

2014年~2017年モンドセレクションで最高金賞受賞!

ポコチェ、ビーズアップ、Bhなどの女性誌にも掲載

⇒フルリリアクレンズの詳細を公式サイトでチェック

フルリ クリアクレンズ@コスメの口コミ

27歳:脂性肌
毛穴な悩みはないけど芸能人が使ってるようなのでお試し。メイクは良く落ちてスッキリ。気にいったけど電話セールスがしつこいのでマイナス。

26歳:混合肌
黒ずみ毛穴に使ってみました。1回で全部なくならなかったけどまずまず。でもあとから乾燥しました。

39歳:敏感肌
使いはじめのころは角栓も黒ずみ荷も良かったので気にいってたけど、しばらくすると肌に合わなくてヒリヒリするようになりました。

36歳:混合肌
今のところ大好きなクレンジングです。刺激もなく落ちいいです。

47歳:乾燥肌
有名な芸能人が使ってるとSNSで紹介されてたので購入。オフできるタイミングが早く洗い流した後はツルツルになります。

54歳:混合肌
1回でトーンが上がったように感じ続けてると透明感を実感。トーンアップしてくると今まで隠れていた問題がわかりやすくなってきました。続けることで問題も解決しそうです。

楽天で購入した人の口コミ

 

総合評価は5点満点で4.02点と高評価。

40代:女性
洗いごこちが良くて洗い流した後は肌質がきれいになる感じです。ずっと毛穴で悩んできましたがこちらを数回つかっただけで素肌がすっきりキレイになった気がします。

 

30代:女性
クレンジングで合わなかったり、つけまつげの接着剤やアイメイクが残ってたりしたけど、ようやく満足できるものに出会えました。テクスチャーはソフトで肌にのせるとスルスルと伸びて毛穴の汚れをごっそりと取ってくれます。もちろんメイクもちゃんと落とせます。もともと肌が弱いのですが洗った後にヒリヒリや突っ張らないのでこれからもリピします。

 

20代:女性
肌が汚いのでずっと悩んでましたが、こちらを使ってしばらくしたら「肌キレイね」と言われるようになったのでびっくりしてます。しばらくつづけてみるつもりです。

 

50代:女性
肌に塗って軽くマッサージすると角栓がポロポロ出てきます。使うたびに肌の調子が良くなって毛穴が目立たなくなりました。しつこかった角栓が取れたおかげで小鼻もツルツルに。肌に悪い成分はいっさい入ってないので安心です!

アットコスメと楽天のクチコミを見ると楽天の方が評価が高いです。この違いはどうしてでしょうか?最近のクチコミは評価が高いのも低いのもステマややらせが多いと聞くので実際に自分で使ってみないと本当の効果ってわからないですね。

⇒フルリリアクレンズのお試しキャンペーンを公式サイトでチェック

 

メイク落としとスキンケアが同時に

 

美容成分を限界まで配合してるのでメイクを落としながらスキンケアも同時進行

・アーチチョーク葉エキス
・7つのフルーツエキス
・APPSビタミンC誘導体
・α‐アルブチン
・ユズセラミド
・ブッソウゲ葉エキス
・還元力の高い還元水

 

フルリ クリアクレンズの全成分

水・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・PEG-20ソルビタンココエート・BG・DPG・アーチチョーク葉エキス・α-アルブチン・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・ブッソウゲ葉エキス・サンザシエキス・ナツメ果実エキス・グレープフルーツ果実エキス・リンゴエキス・オレンジ果汁・レモン果汁・ライム果汁・ユズ果実エキス・ローズ水・カルボマー・1,2-ヘキサンジオール・カプリリルグリコール・水酸化K

 

-フルリ クリアゲルlクレンズ

執筆者: